PVC(心室性期外収縮)の循環動態

PVC(心室性期外収縮)の循環動態

心電図新世界セミナー谷口総志です。

不整脈は定義に当てはめ読み解きます。

 

そしてその定義に当てはめるには
以下の3つのポイントで心電図を見てください。
P波を探す
QRS波を探す
PQ時間を見る

 

さて、前回の<不整脈問題9>です。

PVC(心室性期外収縮)の循環動態

PVC(心室性期外収縮)の定義覚えてますか~??

 

参考記事:PVCのスコトーマ

 

その定義にずっぽりハマっています。
つまりPVCです。

 

ただそれが2個続いているだけです。

 

これを「PVC2連」と読んでいます。

 

 

PVCは不整脈です。
ただ正常な方(僕でも)PVCは出ています。

 

これが正常なのか異常なのかは数の問題ということになります。

 

一日に何回出てるかです。

 

ただ、このような感じで続くのは珍しいので
PVC2連以上続くようでしたら要注意です。

 

なぜ注意が必要か?

それは正常な収縮ではないからです。

 

正常な収縮とは洞結節からの刺激が
刺激伝導系に乗って運ばれてきたときの収縮です。

 

そこには、刺激伝導系という
計算しつくされた緻密なタイミングがあり
心臓が持つ機能を最大限に引き出すために
プログラミングされています。

 

PVCはその洞結節からの刺激を待たずして
早期に心室から刺激が出てしまい、
その刺激をトリガに心室だけが異常収縮してしまった状態。

つまり、
心臓が持つ機能を
最大限に活かしきれていない状態です。

 

心臓は血液を循環させています。
その循環が効率よく行われていない状態なのです。

 

手首の動脈を触って
脈を感じてください。

 

心臓が拍動するたびに脈を感じますよね~

 

心臓が正常に動いていれば
脈を感じることが出来ます。

PVCの時はこの脈が弱くなったり、
脈を打たない状態になるのです。

 

脈が打たないということは、
心臓が止まってるのと同じです。

 

PVCがたまに出るくらいは問題になりませんが、
それが続いてしまうと危険度が高くなります。

 

異常な収縮が続く事になるからです。

 

<不整脈問題10

PVC(心室性期外収縮)の循環動態

<不整脈問題11

PVC(心室性期外収縮)の循環動態

<不整脈問題12

PVC(心室性期外収縮)の循環動態

 

ブログが書籍になりました

心電図最後の教科書 不整脈編
Amazonベストセラー2部門1位
高評価レビュー

PVC(心室性期外収縮)の循環動態

レビューだけでも読んでください。

詳細はこちら

 

 

PVC(心室性期外収縮)の循環動態

お問い合わせ
*マークの項目は入力必須です。
お名前* 
メールアドレス* 
お問い合わせ項目* 







タイトル 
メッセージ* 

※送信後、チャットワークページに飛びますので、よろしければご入会ください。