「脚ブロック」と「脚ブロック波形」

「脚ブロック」と「脚ブロック波形」

心電図新世界セミナー谷口総志です。

PVCは幅が広いQRS波になるのが
特徴でした。

参考記事:PVCのスコトーマ

 

その理由は前回説明しました。

 

参考記事:QRSの幅が広がるのはなぜ?

 

幅の広いQRS波を総じて『脚ブロック』と
呼びます。

 

「脚」とは右脚・左脚の「脚」です。

 

「脚ブロック」はブロックと名がついていますが、
房室ブロック(A-Vブロック)とは、
意味合いが違います。

参考記事:ブロックのブロックを解除する

 

この「脚ブロック」とは
二本あるうちの一本の「脚」の
伝導障害です。

 

「脚ブロック」と「脚ブロック波形」

右脚に伝導障害があれば「右脚ブロック」
左脚に伝導障害があれば「左脚ブロック」

 

単純な構造です。

 

幅広くなるのは
右心室と左心室が同時に収縮できないから。

 

つまり左と右で収縮するタイミングが
ずれてしまうためにQRS波は幅広になります。

 

当然ですよね。

 

本当だったら右心室と左心室には
右脚と左脚を通って同時に刺激が伝わり、
同時に収縮するのですが、

 

どちらかの「脚」に伝導障害、
つまりブロックが起こると、
刺激の伝わり方にムラが出てしまいます。

 

このムラが収縮時間のムラを生み
結果的に同時に収縮できなくなるのです。

 

この辺のメカニズムは前回説明しました。

参考記事:QRSの幅が広がるのはなぜ?

 

ということは、

 

幅が広いQRS波はすべて「脚ブロック波形」となります。

 

そんな観点から、もう一度PVCを見てみましょう。

 

「脚ブロック」と「脚ブロック波形」

PVCは脚ブロックではありません。
心室☆から異常刺激が出てしまいます。

 

上の絵を見たとき、

 

例えば、右心室から異常刺激☆が出てしまうと
右心室と左心室ではどちらが先に収縮してしまうでしょう?

右心室から刺激が出ているのですから
右心室が先に収縮します。

 

そして、遅れて左心室が収縮する。

 

これは時間差という視点で見ると
「脚ブロック」の時と同じ構図ですね。

 

右心室と左心室の収縮時間に差が出てしまった波形を

 

「脚ブロック波形」と呼んでいます。

 

「脚ブロック」とは、
脚の伝導障害ですが、

 

「脚ブロック波形」とは
左心室と右心室の収縮に時間差ができる状態を
総称しているのです。

ということは、幅広のQRS波は
すべて「脚ブロック波形」なのです。

さて問題です。

 

あなたはこの波形をどう解釈しますか

<不整脈問題019

「脚ブロック」と「脚ブロック波形」

 

ブログが書籍になりました

心電図最後の教科書 不整脈編
Amazonベストセラー2部門1位
高評価レビュー

「脚ブロック」と「脚ブロック波形」

レビューだけでも読んでください。

詳細はこちら

 

 

「脚ブロック」と「脚ブロック波形」

お問い合わせ
*マークの項目は入力必須です。
お名前* 
メールアドレス* 
お問い合わせ項目* 







タイトル 
メッセージ* 

※送信後、チャットワークページに飛びますので、よろしければご入会ください。