命と血圧とホメオスタシス

命と血圧とホメオスタシス

心電図新世界セミナー谷口総志です。

生命を維持できない血圧になるのが心停止でした。

 

参考記事:空打ちするPVC

 

血圧は血液が循環することで発生します。
その中で血圧はどのように維持されているのでしょう。

 

血圧を決定づけている主な要因は2つです。

 

①循環血液量
②末梢血管抵抗

 

式で表すと
血圧=①循環血液量×②末梢循環抵抗
となります。

 

不整脈で関わってくるのは循環血液量です。

 

循環血液量とは文字通り
<循環する血液の量>がどれだけあるかです。

 

つまり

 

「心臓が拍出する血液の量」=「心拍出量」
と定めることが出来ます。

 

血圧は厳密に測定すると一拍一拍違う値です。

 

左心室が血液を送りだすとき(収縮期)に最高血圧
左心室が血液をため込むとき(拡張期)が最低血圧

 

となるのです。

 

この最高血圧と最低血圧から算出して平均血圧を出しています。

 

よって血圧は
(最高血圧/最低血圧/平均血圧)
記号にすると(s/d/m)となります。

 

さて不整脈です。

 

何回も何回も取り上げてきましたが

 

刺激伝導系の目的は心室を動かすことです。
心室が動かなければ血液を送りだすことができません。

 

つまり①循環血液量がゼロに近づくのです。

 

血圧の式に戻ります。

 

血圧=①循環血液量×②末梢血管抵抗でした。

 

血圧は①と②のバランスで成り立っています。

 

 

例えば不整脈で①の循環血液量が減ってしまうと
血管がギュッと収縮して抵抗を上げ血圧を保とうとします。

 

その逆もしかりです。

 

このように血圧は
①と②のバランスでできているのですが、
それにも限界があります。

 

人の体は60兆個の細胞でできており、そのすべてに血液が必要です。
血液はその細胞すべてに血液を送っているわけですが、
その細胞の中にも、優先順位があるのを知っていますか?

 

人間の体は生命を維持するために優先順位を決めているのです。

 

これがホメオスタシス(恒常性)です。

 

生きるためにこのホメオスタシスが働きます。

 

不整脈で①の破綻が起きます。
そうなると②で血圧を維持しようとホメオスタシスが働きます。

 

ホメオスタシスは3つのジャンルで優先順位を決めています。

 

・骨格筋(筋肉)
・内臓
・心臓・脳

 

まず、骨格筋(筋肉類)を切り捨てます。

 

血圧が下がると動けなくなるのはこのためです。
脳が動くなというサインを眩暈をもって教えてくれるのです。

 

この時の血圧が最高血圧が80mmHg以下です。

 

血圧が80mmHgを保てなくなると動けなくなります。

 

さらに60mmHg以下になると今度は内臓に血液を送らなくなります。
臨床現場におられる方は経験したことがあると思います。

 

「血圧が下がるとおしっこが出ない」

 

ホメオスタシスが腎臓(内臓)を切り捨てたサインです。

 

 

ホメオスタシスは生命を維持するために
心臓と脳を最後まで守ります。

 

この心臓と脳が活動できる最低の血圧が
40mmHgということになります。

 

心停止の基準覚えてますか?

 

参考記事:PVCを洞察する

 

ねっ!

 

すべて繋がるでしょう(笑)

 

 

人の体はホメオスタシスで守られています。
そのホメオスタシスのサインを受け取れば
さらに情報量が増えます。

 

 

あなたが寝ている時もホメオスタシスが働いて
血圧を維持しています。

 

朝目が覚めれば最高血圧が40mmHg以上あるし、

 

おしっこがしたければ 血圧が60mmHg以上で、
「今日も内臓が元気に活動してる」
って言う喜びを得ることが出来ます。

 

トイレに駆け込めれば血圧が80mmHgあるってこと。

 

これから毎朝体感できるのです‼

 

あなたの体はあなたを守ってます。

 

しかも無意識で!!!

 

毎日が特別な日なのです。

 

 

<不整脈問題13>

命と血圧とホメオスタシス

 

ブログが書籍になりました

心電図最後の教科書 不整脈編
Amazonベストセラー2部門1位
高評価レビュー

命と血圧とホメオスタシス

レビューだけでも読んでください。

詳細はこちら

 

 

命と血圧とホメオスタシス

お問い合わせ
*マークの項目は入力必須です。
お名前* 
メールアドレス* 
お問い合わせ項目* 







タイトル 
メッセージ* 

※送信後、チャットワークページに飛びますので、よろしければご入会ください。