徐脈の治療の有無を決定するとき

徐脈の治療の有無を決定するとき

心電図新世界セミナー谷口総志です。

不整脈と治療を
ざっくり言ってしまうと、

 

心拍数が早いと除細動
心拍数が遅いとペースメーカー

 

という治療法になります。

 

なぜ治療が必要かは書いていますので
復習も含めて見ておいてください。
必読ですよ~

 

参考記事:徐脈に治療が必要な理由
参考記事:頻脈に治療が必要な理由

 

あとは何を基準に治療の有無を決定するかです。

 

 

<不整脈問題018
①この不整脈名は何ですか?
②治療は必要ですか?
③治療するなら何が必要ですか?
(ペースメーカーor除細動)
④なぜ治療が必要ですか?

 

徐脈の治療の有無を決定するとき

回答は書籍から受け付けています。

 

 

ブログが書籍になりました

心電図最後の教科書 不整脈編
Amazonベストセラー2部門1位
高評価レビュー

徐脈の治療の有無を決定するとき

レビューだけでも読んでください。

詳細はこちら

 

 

徐脈の治療の有無を決定するとき

お問い合わせ
*マークの項目は入力必須です。
お名前* 
メールアドレス* 
お問い合わせ項目* 







タイトル 
メッセージ* 

※送信後、チャットワークページに飛びますので、よろしければご入会ください。