人間は心臓と脳を守っている

人間は心臓と脳を守っている

心電図新世界セミナー谷口総志です。

本日は【人間は心臓と脳を守っている】についておしらせします。

 

人間の体で生命に直結する臓器

 

それは、心臓と脳です。

 

 

「いやいや違うだろう!」
って意見も聞こえてきそうですが、
生命の維持で考えると
心臓と脳になります。

 

 

この2つの臓器は
一瞬たりとも休むことが許されません。

 

 

そして常に『エネルギー』を必要としています。

 

(ここで言う『エネルギー』とは血圧のことです)
参考記事:血圧とエネルギー

 

前回、血圧について説明しました。

・筋肉を動かすために必要な血圧80㎜Hg(平均)
・内臓機能を維持するため必要な血圧60㎜Hg(平均)
・心臓と脳に必要な血圧40㎜Hg(平均)

 

これを見てお気づきですか?

 

「人間は心臓と脳を守ってる」
ということを。

 

筋肉を動かすために必要なっ血圧は80Hg(平均)です。

 

これより下がると運動できなくなります。
血圧とう『エネルギー』が下がることで
運動できなくなります。

 

単純に考えて
血圧が低いと運動どころじゃないですよね!?

 

話はここで終わりません。

 

なぜ血圧が低いと運動できなくなるか?
を考えます。

 

これは
運動をするために必要な筋肉が血液を拒絶するからです。

 

筋肉が『エネルギー』を受け取らなくなるのです。

 

なぜか?

 

筋肉より大事な、臓器を守ろうとします。

 

つまり、内臓と心臓、脳です。

 

 

ここを守るため、あえて血管を締めて
血圧という『エネルギー』
受け取らないように調節するのです。

 

 

つまり、筋肉は活動を止め
生命を維持するために優先順位の高い
内臓、心臓、脳を守ろうとするのです。

 

これがホメオスタシスです。

 

ここで血圧低下にじっと耐えるのです。

 

橈骨動脈(手首の動脈)を触れてみてください。
脈が触知できないとき、
筋肉が血圧(血液)を拒絶した証左となります。
つまり『エネルギー』の拒絶です。

 

 

血圧が下がり続けたらどうなるか?
平均血圧が60Hg以下になると
今度は内臓臓器が活動を止めます。

 

「血圧が下がるとおしっこが出なくなる」

 

現場で働く方なら経験値として
知っていると思います。

 

これが内臓臓器(腎臓、肝臓、膵臓など)が
活動を止めた証左になります。

 

大腿動脈(足の付け根)を触れてみてください。
脈が確認できないとき、
内臓が血液を拒絶した証左となります。
つまり『エネルギー』の拒絶です。

 

これは人間の体が心臓と脳を守るために
その他の臓器の活動を止め、
心臓と脳に『エネルギー』を集中させるのです。

 

生きるための苦肉の策です。

 

よって
心臓と脳に必要な血圧は40Hg(平均)
と他の臓器より低くいのです。

 

これは『エネルギー』が低いというわけではなく、
その『エネルギー』でも耐えれるように
他の臓器が活動を止め守っているのです。

 

頸動脈(首の血管)を触れてみてください。
ここの脈だけは最後まで確認できると思います。

 

スゴイと思いませんか?

 

人間は心臓と脳を守っているのです。

 

この頸動脈が触れなくなったとき
心臓にも脳にも『エネルギー』
送られなくなったときです。

 

よって、「心停止」

 

となります。

 

血液は循環することで『エネルギー』となります。
と同時にそれは「血圧」に置き換えることが出来ます。

 

心臓が止まると「心停止」ですが、
血圧が出せなくなっても「心停止」なのです。

 

 

<不整脈問題16
この不整脈名は何ですか?
危険度は?
治療は必要ですか?

o0721011813690617624.png

 

ブログが書籍になりました

心電図最後の教科書 不整脈編
Amazonベストセラー2部門1位
高評価レビュー

人間は心臓と脳を守っている

レビューだけでも読んでください。

詳細はこちら

 

 

人間は心臓と脳を守っている

お問い合わせ
*マークの項目は入力必須です。
お名前* 
メールアドレス* 
お問い合わせ項目* 







タイトル 
メッセージ* 

※送信後、チャットワークページに飛びますので、よろしければご入会ください。