医療系レバナス投資家 谷口総志です。
医療系投資家のベンチマークになるべく情報発信しています
レバレッジNASDAQ100にフルインベストメントします。
資金が大きくなるまでは(3000万)レバレッジをかける戦略です。
500万円分の投資金額を準備しました。
購入をいつするかを考えます。
これから投資をしたいと考えてる方や、少し大きな貯金がある方に参考にしていただけると思います。
動画でサクッと聞き流し(1.5倍速推奨)
8.28

レバナス投資金額500万円準備完了

投資資金500万円資金調達が完了しました。

レバナス投資金額500万準備完了

レバレッジNASDAQ100(レバナス)にフルインベストメントします。

 

いつ買うか!

今でしょう!!

なんて声も聞こえてきそうですが、正解は「今」です。

 

米国株インデックスはどうせ上がるので、タイミングを図る時間すら機会損失になる可能性が高いです。

ですので、資金があるなら「すぐ購入」が正解どころか大正解です。

それは100も承知で谷口総志はタイミングを図ります。

 

それはなぜか?

YouTubeチャンネルを立ち上げるからです。

動画の撮影に合わせ少しだけ購入タイミングを図ります。

谷口総志が身を持って一括投資資金の推移を公開していきます。

それにより、あなたに勇気と希望を届けられればと思います。

購入するときはお知らせします。

 

ご期待ください。

 

(投資信託)iFreeレバレッジNASDAQ100とは

大和アセットマネジメント株式会社が提供する投資信託です。

米国ナスダック市場の代表的な企業の株式で構成されるNASDAQ100株価指数です。

今後もハイテク産業が成長し続けると信じれるならNASDAQ100指数は最強指数となります。

NASDAQ100指数はこれからも世界最強でしょう

谷口総志は成長し続けると確信していますので、ここにレバレッジ(2倍)をかけ投資します。

その2倍のレバレッジがかけられる商品がiFreeレバレッジNASDAQ100という投資信託です。

もうすでにドルコスト平均法で積立投資を行なっています。

なので一括投資分はタイミングを図り投資します。

一括投資と積立投資はどちらが良いのか?

これよく聞かれます。

答えは、ご自身の考え方で変わります

どちらが良いとは一概に言えません。

 

株価は乱高下するし、時には大暴落を起こします。よって始める時期によって結果が変わります。

特徴を言うなら

リターンの最大化なら一括投資

リスクの最小化なら積立投資

と言う感じです。

株価の大暴落が来なければ一括投資が有利(リターン最大)になり、

株価の大暴落が来れば積立投資が有利(リスク最小)になります。

後日記事にします 一括投資と積立投資メリットデメリット

コロナショック(リセッション)が来たばかり

記憶にも新しいと思いますが、2020年3月ウイルスの蔓延により世界中の経済が混乱しました。

NASDAQ100は30%の下落、コロナショックです。

レバナス投資金額500万準備完了

大暴落のことをリセッション(景気後退期)と呼びます。

このリセッションは10年周期くらいでたびたび起こります。

つまり、言い換えると「リセッションが来たばかり」と言うことは、今後しばらくは起きないと考えられます。

だとしたら、今は一括投資の方が有利な時期だと思っています。

 

もちろん未来のことは誰にもわかりませんが、少なくと谷口総志はそういう考え方です。

一括投資する資金があるのであれば今はリターンの最大化を狙える時期だと思います。

だったら行くしかないでしょう〜