皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

医療系レバナス投資家 谷口総志です。
医療系投資家のベンチマークになるべく情報発信しています

今回は誰もが盲信してやまない保険にメスを入れます。これを読まれてるあなたも保険に入られてると思います。その保険にいくら払って、いくらのリターンがありますか?保険は確実に貧乏になるよう仕組まれています。谷口総志も保険貧乏でした。その保険をやめて、レバナスに投資しましょう!谷口総志も240万円ほど損切りしました。でもこの先のことを考えるとマイナスがプラスに変わるばかりか、爆益できます。

動画でサクッと聞き流し(1.5倍速推奨)
[前編]16.31

 

動画でサクッと聞き流し(1.5倍速推奨)
[後編]25.25

ただいまYouTubeコメントに動画で返信しています。
YouTubeからコメントしていただけると大変嬉しいです。

保険屋の給料は我々が払ってる

保険の細かいことを伝えるためにまず最初に言いたいこと!

それは、保険屋の給料は我々が払ったお金で支払われてるということです。

つまり

保険屋の給料は我々が払ってる

そりゃぁ、そうですよね!

保険屋は我々が支払ったお金で運用しているのだから!

 

あなたに近づいてくる保険屋は自分の給料のために働いているサラリーマンです。

そして一件の契約ごとに基本給と別にインセンティブ(報奨金)が発生しています。

そのインセンティブの金額は商品によって異なります。

 

あなたならどうですか?

高いインセンティブの保険商品

低いインセンティブの保険商品

どちらを売りたいですか?

高いインセンティブの保険商品を売りたいですよね!

 

なぜ、インセンティブに違いがあるのか?

 

それは保険屋の利益率で違います。

 

つまり、

高いインセンティブの保険商品はお客が損する可能性が大きい

と言えます。

 

そう

保険屋というサラリーマンは自分の利益のために高いインセンティブの保険商品を売りたがります。

だから無駄な特約がたくさん付いてるでしょう!?

 

あなたの事故のため

あなたの病気のため

あなたの老後のため

あなたの配偶者のため

あなたのお子様のため

あなたの遺産の相続のため

あなたのリスクヘッジのため

 

ありとあらゆる言葉で、あなたのためにと謳い、不安を煽り、保険屋の利益率が高い商品を売り捌き、たくさん特約をつけて商品価格を上げながら、インセンティブを稼ぎます。

そのために、何回も何回もあなたのところに足を運びます。

それが親族でも、友達でも

 

ちょっと言葉悪く聞こえたかもしれません。

気に触った方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも本当です。

 

保険屋は早期解約を嫌う

保険屋は早期解約を極端に嫌います。

なぜか?

違約金を払うことになるから

 

保険契約のインセンティブは1契約3年〜5年間支払われます。

その間に契約解除があると、インセンティブが支払われないどころか、保険屋サラリーマンは逆に保険屋から違約金を請求されます。

すごいシステムですよね!

保険屋は保険継続でもお客からの利益が出るし、保険契約解除でも保険屋サラリーマンから利益を出します。

そりゃぁ、一等地にビル建てられるわ!

 

話はそれましたが、

このような背景から保険屋サラリーマンは契約した保険商品の早期解約を極端に嫌います。

だから、定期的にあなたのところに足を運びます。

 

「私、良い人でしょう!?あなたのために足を運んでるのよ!」と言わんばかりに・・・

 

それは全て早期解約させないためなのです。

 

そして少しでも契約解除のそぶりを見せたら、ありとあらゆる言葉であなたを止めます。

そして、保険屋サラリーマンは心の中でこう思っています。

「私にも生活があるの!どうか私の給料を減らさないで!」

 

保険貧乏ラットレース

一般的に富裕層に属するお金持ちは保険商品を買いません。

お金があるからね〜

保険は要らないんですよ。

逆を言えば、貧乏だから保険商品を買い、保証を得るのです。

つまり、

貧乏人が無駄な保険でますます貧乏になる

それが保険商品を買うという行為です。

 

あなたも一生懸命に働いて得た給料から保険料を支払っていますよね!

それに一抹の疑問もないまま。

そして、来月の支払いをするために、また明日から働く

毎月毎月その繰り返し

ラットレースやん!!

あなたは保険屋のために働いている。

もうこれ貧乏の悪循環です。

その悪循環を断ち切る必要があります。

保険貧乏、レバナスに切り替えよ!(概要編)

貧乏人は補償を買い、お金持ちは補償をもらう

お金持ちには保険は必要ありません。

それは保険屋も知っています。

だから、お金持ちには別なアプローチをかけます。

それは資産運用というアプローチです。

 

インセンティブには高い商品ものと低いものがあると言いました。

高いインセンティブ商品はお客が損をします

一方

低いインセンティブ商品はお客が得をします

 

お金持ちは保険屋にとって優良な顧客です。

そんな優良顧客に損をさせるわけにはいきません。

だから、インセンティブが低くても優良顧客が得をする商品を提案します。

 

「私たちにお金を預けていただけていただけると、それを運用して利益を乗せてお返しします。運用利回りは7%複利です」

 

それが資産運用です。

 

保険商品も若干ですが資産運用できる商品が存在するんです。

でもインセンティブが低いから保険屋サラリーマンは貧乏人の我々には提案しません。

 

そしてこの話には続きがあります。

「私たちにお金を預けていただけると、保証をおつけします。私たちは保険屋だから保証をつけることは容易いことです」

と言わんばかりに・・・

 

この違いわかりますか??

 

貧乏人は保証をお金で買いラットレースでさらに貧乏に、優良顧客は、資産を増やしながら保証をもらいさらにお金持ちに

 

二極化が進みます。

あなたはどちらに入りたいですか?

保険貧乏ラットレースから抜け出すためには、お金持ちと同じ行動を取れば良いのです。

保険貧乏ラットレースから抜け出す

この貧乏ラットレースから抜け出すのは簡単です。

保険を買わない

もしくは

今後、保険料を支払わない

を実行するだけです。

保険を買わない

今後、保証のために保険は絶対に買わないと誓ってください。

事故のため、病気のため、老後のため、配偶者のため、お子様のため、遺産の相続のため

そう思うなら絶対にです。

そもそも今まで保険でお金をす捨ててきたのですから。

学資保険も同じです。と言うより、学資保険は最悪です(この話は後日)

今後、保険料を支払わない

すでに保険に入られてる方はどうすれば良いのでしょう!

勇気があれば解約してください。

でも中には、お宝的な保険商品もあります。

まずは、保険屋に電話して、以下の2つを聞いてください。

①今解約したらいくら手元に戻ってくるかを聞く

②その保険商品に今まで払った総額を聞く

 

①<②ならば即解約

損失が出ても損切りしてください。これから払い続けてもマイナス計上が大きくなるだけです。谷口総志は全て解約しました。そして戻ってきたお金をレバナスで増やすという選択をしました。損した額は240万円でした。

①≧②ならば払済み

この払済みという方法があるのを知っておいてください。

払済みとは、

これから保険料は払わないけど、お金はそのまま置いておくから運用だけはしといて!

という方法です。

お金が必要になるまで保険屋に運用させることができます。

保証は減りますが、毎月のお金を支払わなくてもすみます。

そして、今まで払った分を資産として運用できます。

 

保険商品によっても運用方法、利回りなどが違うので、解約は良いか、払済みが良いかこの記事では一概には言えません。

よって保険の件で相談したい方はこちらからご一報ください。有料note記事ですが谷口総志のセミナー受講と個別相談ができます。有料noteト記事購入で記事下にセミナー動画とChatWork IDが出てきます。そちらからメッセージいただけますと返信いたします。保険を資産に変えたいのであればどうぞ〜

保証がないと不安?大丈夫レバナスで増やせ!

保証がないと万が一の時に困らない?

はい。困りません。

そもそも我々は世界一優秀な保険に入っています。

国民健康保険です(国民皆保険)

医療費の7割が控除されますね。

さらに高額医療費制度があり、一回の医療費は10万円以上かからない制度です。

これらがあるのになぜ無駄な保険でお金を捨てる?

そんな捨ててるお金があるのならすぐに投資に回してください。

レバナスに投資したら20%以上の利率で運用できます。

もし何かあった場合はレバナスで爆益した利益から捻出してください。

谷口総志がレバナスの運用実績を公開してますのでそちらを参照ください

毎月の保険料をレバナスへ

あなたは毎月、どれだけの保険料を払っていますか?

毎月の保険料を算出してください。

それを解約して全てレバナスに入れたらどうなる?

こちらで計算してみてください。

積立かんたんシミュレーション

 

レバナスの過去の平均リターンは

・過去14年間の平均リターン 27%
・直近10年間の平均リターン 42%

リターンをどれだけ入れるか自由ですが、少なく見積もっても20%はありそうですね。

保険の場合はそこまで増えないどころかマイナスにすらなります。

それが20%以上で運用できるのです。

それがレバナスなんです。

資産運用できる保険もある

もし保証が欲しければ資産運用(増える)できる保険にご加入ください。

谷口総志も色々とアンテナを立て探しましたが一つだけ良い商品があります。

それは米国株式で運用するタイプです。

ちなみに日本円でOKです。

ここも間違いが多いのですがドル建て保険はNGです。

何のために外貨で保険をかけるのですか?

まさかインフレリスクヘッジだなんて思ってないでしょうね!?

日本でお金を使うのであればインフレヘッジをかける必要はありません。

日本円で運用されるものにしましょう。

日本の生命保険屋は全滅でしたす。

外資系で、日本円で米国株式で運用できる商品はそんなに多くありません。

谷口総志は今までの保険を辞め必要最小限だけその保険に入っています。

コロナショックもあって現在20%の複利運用となっています。

ここで保険商品を進めるつもりはありませんので、知りたい方はこちらの有料note記事をご購入の上、谷口総志までメッセージしてください。

YouTuberの保険は全部いらないの嘘

ここまで話すと、結局保険はいらないの?と思われるかもしれません。

有名なYouTuberの両学長なんかも保険は全部いらない、入るんだったら安い掛け捨て保険で良いとおっしゃっています。

他にも保険全否定の方がいらっしゃいます。

ここで一つ断言します。

両学長も保険に入っています。

どういう事か?

法人化したら税金対策をします。

両学長ほどに方なら相当額を税金に納めてらっしゃると思います。

法人の税金対策は保険でしかできません。

ということは、個人で保険に入ってなくても法人で契約しているということです。

ちなみに谷口総志も個人では入っていません。

なので「保険いらない、入っていない」と堂々と言えます。

ただ法人で契約しています。

だから保険はいらないけど結局、保証は持っている状態です。

なので収益を上げてるYouTuberや法人化してる人などはどんなに「保険がいらない」と言ったとしても死んでも家族が裕福に暮らせるくらいの保証はある状態なのです。

法人の税金対策も知ってるか知らないかで大きく変わります。

最後に一言

今回は保険の概要部分だけをお話ししました。

もし興味があれば動画に👍を押してください。興味がなければ👎を押してください。

まだまだ言いたいことはたくさんありますし、保険にもさまざまな種類がありますので、それぞれを説明しても良いと思っています。

例えば終身保険、養老保険、がん保険、個人年金保険、学資保険、外貨建保険、入院保険などなど。特徴を知って、必要か必要でないかの判断基準に使えます。

まぁ、ほとんど必要ありませんが・・・

ただ、それらを知らないで保険商品を買われているのであれば確実にカモです。

掛け捨て保険なんて愚の骨頂です。捨ててるってゆうてるやん笑

すぐに見直したほうが良いですね。

谷口総志プロフィール

 ◯谷口総志
・1974生まれ
・熊本出身
・3児の父
・臨床工学技士
プロフィール詳細
▼Twitter @taniguchisoshi

谷口総志のお仕事(人工心肺)

臨床工学技士という国家資格保持者で心臓手術の現場で人工心肺装置を操作しています。3分ほどの動画なのでよかったらご視聴ください。

医療系の方は谷口総志公式サイトへもどうぞ〜